FPが教える住宅ローンの正しい比較方法!金利で判断してはダメなの?

最近では様々な住宅ローンの商品が出回っており、どこの会社の商品を選べば良いか分らない、これだと自信を持って言えないというのが現状です。
どうしても決められないという方はアドバイザーの意見を聞いて、借入れをするという方法も一つですがお金がかかります。ただ私達はこれから利息を払い続ける立場ですので、わざわざ有料で相談したくないという方が多いです。

FPの資格を持ちながら仲介者として働く方も多いので、無料で相談できる場合もあるので是非参考にしてみましょう。実際に利用している方の口コミなども参考に調べておきましょう。

 

自分の家を持つ。

 

という事は、だれにとっても憧れるものだと思います。

ですが、住宅購入はちょっとやそっとでは出来ず、数千万単位の現金が必要です。以上の事から、支払をするにする。といった事は難しいですよね。では、借金をするための住宅ローンはどういった所を選べば良いのか。

色々と方法はありますが、一番オーソドックスなのは銀行、信用金庫などが借り入れしやすいです。どこの銀行から借り入れようか?選択しても良いのですが家を建てる時にお世話になる不動産屋と銀行側が協調している場合もありますから不動産屋の担当者の人に託しても良いでしょう。憧れのマイホームの購入を検討されている方は多いと思います。購入するには住宅ローンを組まないといけません。

 

住宅ローンは銀行や信用金庫、ネットバンクから組む事が出来ます。住宅ローンには金利・審査・諸費用がかかります。審査の合否は約1週間前後かかります。
金利の決定は契約を結んだ月の金利になります。
諸費用は人それぞれですが、少なくとも数百万単位かかると思っておいても良いでしょう。
住宅を欲しい!と思っても、実際に自分の物になるまでこれらの用を済ませて行かないといけません。

 

自分の家になるまでには3.4カ月の時間がかかります。

 

自分の家を購入するとき資金繰りとして利用するのが住宅ローンです。希望される場合は、お近くの銀行・信用金庫またはネットバンクなどからも受け付けています。
とはいえ、どの銀行の場合でも融資実行可能なのかどうか、という審査があります。
大事な事は職業・勤続年数・年収などが主になります。

 

また、一見関係なさそうな過去の金銭トラブル等も基準の中に含まれているので万一心当たりがある場合は最初にそちらを整理し申し込みをした方が後々自分のためになります。これから数年以内に住宅ローンを考えている方は、確認しておくと安心なポイントをご紹介します。今までの買い物で一番高い商品になる事でしょう。

なので金利の安さだけで選ばないようにしましょう。総合でいくら返済すべきかこれを確認する事をおすすめします。
どんなにお得な金利で申込みをしても他の部分で費用がかかると、結果的に損してしまった…なんて方も少なくありません。それから変動金利や固定金利のそれぞれの特徴も合わせて、目先の事だけでなく将来を見据えた上で選択しましょう。

 

良くも悪くも実際の利用者の声を参考にすると良いでしょう。住宅ローンを組むにはまず頭金と言う物が必要です。

 

良く頭金0円で住宅を購入出来る!と言った宣伝も目にしますが、確かにそれでも購入は可能でしょう。

 

ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が多くなります。

 

月々の返済を少しでも楽にしたければ、やはり最初に頭金を少しでも支払うと良いと思います。頭金の目安は物件購入の20%と言われていますが、住宅を買うとなると他の費用もかかりますので目安は20%と言う事で、自分の支払える範囲でやっていくと良いでしょう。

 

この先、しばらく付き合っていく住宅ローンを申し込みたい方は是非注意して頂きたいのがボーナス払いを使った返済方法です。
高額なお金が手に入った時にまとめて返せれば、月々の返済額は減るので負担が大きく減ることになります。

けれども、特別収入が付与されない会社も多くその年によって大きく変動する場合もあります。実はそのような理由の為にボーナスの返済を利用している人は、思いのほか少なく、40%程度だそうです。どうしても何かあった場合に備えないという方は、銀行によって可能な任意返済も視野に入れてみましょう。